2012年 06月 08日
心動かしたもの
e0168939_22232572.jpg

FinePix HS30EXR  マクロモード


京都に行ってきました・・・
と、言っても
観光や写真撮影でもありません。
京都亀岡市で起きた、
集団登校中の児童の列に乗用車が突っ込んだ事故の署名に・・・

今の私は、行ったは良いが帰りはちゃんと
戻ってこれるかという心配もあったのですが、
自動車運転過失傷害という結果に
やっぱり納得することが出来ず、
そんな帰りの心配などしていられないと思い行ってきました。
まあ、ぶっ倒れたら、どっかで一泊すればいいかなと・・・。

しかし
未成年ってことで守られ  成人と同様に刑事裁判を受け、懲役・禁固刑となる
危険運転致死傷罪が適用されないのは不思議でならない。
加害者は18歳無職。同乗者は18歳大学生と18歳専門学校生。
2010年にもバイクで無免許運転を行い、事故を起こしていて
暴走族仲間であり、不良そのものなどであるのです。。
一時の不良遊びではないのです。

無免許運転をこれまでに繰り返していたので技術がないとは言えないとの見解が報道されていたが
免許って、技術だけがあれば、いいのでしょうか?
免許を取得する際には教習所に通い、道交法を習い、
酩酊時や長時間運転時の判断力の低下影響を学び、
休憩や仮眠の必要性や運転すべきでない自身の状況を学ぶのではないのでしょうか?

死者3名(胎児含め4名)
ご遺族の気持ちを考えると、未成年と言うだけで全てが守られるなんて絶対に許されない。
このまま危険運転致死傷罪の適用が見送られたら
親族の方達も友人の方達も、無念でならないと思う。

署名活動をされていた数十人の皆さん、
疲れていらっしゃる中、
丁寧に声をかけて、お願いをされていました。
その姿をを見て私も、署名を終えた瞬間、涙が出てきた・・・

単なる過失で片付けて良いのだろうか。


*****************************************
本日、第2回少年審判を開き、自動車運転過失致死傷などの非行内容で
送致された無職少年を検察官送致(逆送)とする決定をした。
これで少年は10日以内に起訴され、
成人と同じ刑事裁判を受ける見通しとなる。

それでも亡くなった方たちは戻ってこない。
せめて厳罰を求む!
[PR]

by cobra518m | 2012-06-08 22:30 | 花・季節


<< HANA - vitaminc...      15th TOUR OF JAPAN >>


XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項